「ホワイトチアシード」でさらに効果的に!

ホワイトチアシードはブラックチアシードの中に配合されている栄養価
の高い白い種のみを選り分けて品種改良して作った品種です。
同じチアシードでもホワイトシードの方が殻が柔らかくて膨張率が高く、
消化吸収にもかなり優れているのです。

 

この白い種には栄養が豊富に含まれているのです(約12グラム)。
・食物繊維(ごぼうの2倍)−お腹の動きをスムーズにしてくれる
・オメガ脂肪酸(サーモンの3.6倍)−脳に大切な栄養素
・鉄分(プルーンの9倍)−体の重さを改善
・たんぱく質(ソラマメの4倍)−体を作る大事な栄養素
・カルシウム(しらす干しの2.5倍)−歯や骨の原料
・マグネシウム(アーモンドの13倍)−酵素の効果をサポート

 

これらの栄養素の中でも特に注目されているのがオメガ3脂肪酸です。
おススメされている1日の摂取量は男性で2.1〜2.4g、女性1.8〜
2.1g(上限なし)です。大さじ1杯に2.48gものオメガ脂肪酸
が配合されています。

 

これだけで摂取目標値を軽く達成できる含有量なのです。
オメガ3脂肪酸とは別名αリノレン酸は体内で合成
できない必須脂肪酸のひとつです。

 

エゴマ油や青魚(イワシ・サバ)に多く配合されています。
しかし、最近ではフードスタイルが欧米化していることで、
このオメガ3が足りていない人が多いので、意識して取り入れることが大切です。

 

食物繊維も豊富で水分を吸収します。ブラックチアシードが約8倍
膨らむのに対してホワイトチアシードは約10倍まで膨らみます。
腹持ちが良いからダイエットにも最適です。

 

ホワイトチアシードのどうやって食べるのが効果的?

チアシードとはメキシコなど中南米で栽培されているフルーツの種を指
します。シソ科サルビア属ミントの一種として高い人気を誇っています。
生きる源、栄養源として重宝され、食記されてきた栄養価の高い強力
種と称されたチアシードです。

 

このチアシードには食物繊維やオメガ3脂肪酸、鉄分、カルシウム、
マグネシウムが配合されています。18各種のアミノ酸も入っており
正真正銘栄養の宝庫です。更に大さじ1杯で日本人男性・女性が1日に
求められる栄養素がすべて摂取できるんです。

 

栄養価が高いうえに、ほんのちょっとだけでもたくさん食べた感じが得られるので注目されているチア
シード。常に美を求め続けるモデルや女優さんは当然のように摂取していますが、一般家庭でも美容と健康
をキープするために使用されています。ホワイトチアシードは見た目にはごまのよう
でほとんど無味無臭です。これによって様々な料理に組み合わせて取り入れることができます。
水分を吸収して10倍以上に膨れ上がり、プチプチ食感になります。
ヨーグルトやデザート、ジュースにいれるなどして新しい舌触りを楽しむ
ことが可能なのです。シリアルにミックスさせたり、マフィンやパンなどに
入れて焼くなどチアシードの楽しみ方は豊富にありますので自分
のやり方で色々工夫しながら楽しむのが良いと思います。。

 

最近人気のスムージーにチアシードを入れて体感してみると非常に腹持ちもよく、健康的なダイエットに役
立つでしょう。スプーン1杯いれるだけで良いのでとてもシンプルで継続
しやすいのも魅力だと言えます。ただし食物繊維をかなりたっぷり摂取することになりますのでお腹
が緩くなることがあります。食べ過ぎには注意しましょう。子供や
妊娠中の方は食べない方が良いとされていますので、注意して下さいね!